« モセキモノwednesday“Z–のり”#04「地震、雷、火事、NAKA-Z」 | トップページ | ぬぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉッッッ!!!!! »

2009年9月24日 (木)

尊王攘夷の二人の男

木曜日のモセキモノ・日本もせきばなし#04

satorizm みや wブログ


ども、Satorismです。


かつてのモセキも舞台になっとる幕末。
尊王攘夷、倒幕派と佐幕派とに分かれて激しくぶつかりあい、
新しい日の本の為に若者達が次々に死んでいった時代。


モセキモノもそんな渦の中に入って行くのか?
昨日俺が目撃したのはカオスへの入り口なのか?


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

第2クールが始まってから
「裏モセキモノ」として再スタートした木曜日のモセキモノ。


みーやのブログメインでってことやったけど
昨日みーやから電話が


「おい、緊急特番やるぞ。今日収録じゃ。
とんでもないセッションを申し込まれた」(@みーや)


電話口のタダならない雰囲気に緊張が走る。


なんつってもモセキモノの原点。
俺とみーやでモセキのローカルラジオ局でやりよった「モセキモノ」
その第2クール目、実に7ヶ月ぶりの音声収録。


ただでさえ緊張感がある中、
「セッション」って何なんやろうか。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


ラジオ版モセキモノでは、
過去の分を聞いてもらうと分かるように
数々のゲストをフューチャーしてきた。


マンデーのJINKIや、Z-のりのNAKA-Zなど
今では看板番組を持っとるモセキモノも出演しとる。


が、今回はそうじゃないようだ。
全く知らない2人の青年が「セッション」を申し込んできとる。


ネットラジオに変わって4ヶ月。
リスナーも徐々に増えた。
そんな中で


「レズビアンガールを聞いて触発されました。
是非木曜日の裏モセキモノとセッションさせてください。
○○のようなモノととらえていただいて結構です。
バックバンドのようなモノですから気にせず収録をして下さい。
その中で僕らもパフォーマンスさせてもらいますから。」(@青年2人)


情熱的なメールがモセキモノに届いた。
なんで木曜日なんか?
2人の言う○○とはいったい何なんやろうか?


期待と一抹の不安を抱きながらスタジオへ。
まさに寺田屋に向かう薩摩藩士の気分。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


繰り返しになるが、木曜日のモセキモノは
第2クール目から「裏モセキモノ」としたスタートした。


月曜から日曜までびっしり放送中のモセキモノの中で
他の曜日とは違うコンセプト、切り口でやっている実験的な番組だ。


そこに番組リスナーの青年2人からの緊急の申し出。
倒幕を掲げるモセキモノとしては、断る理由は無い。
モセキから何かを発信したいと思う人は、もう既にモセキモノだからである。


が、今回の2人はどうなんやろうか。
俺も収録の間中、2人のパフォーマンスに、
そのバックバンド(@彼ら曰く)としてのパフォーマンスに驚いた。


驚き過ぎて、収録に集中出来たかどうか。
7ヶ月ぶりの収録、久しぶりの音声での配信に
耐えうる出来映えだっただろうか。
自問自答をしながら家路についた。


1時間に渡った収録。
その間中繰り広げられる2人のパフォーマンス。
アーティスティックと言えばそうやし、
理解の範囲を超えとると言えば、そうなる。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


その模様が公開されるかどうかは、分からん。
が、俺はお蔵入りすべきではないかと思う。


当の2人は

「最高のセッションでした。普段出ない音が出ました。
サトリズムさんとみーやさんのお陰です。
是非、放送お願いしますっ」(@青年2人)



と、かなりご満悦やった。

それでも俺はお蔵入りでいんじゃないかと思うんだ。
世の中は偏見と常識で満ちている。
俺の中での偏見や常識の狭い枠でとらえると
昨日の裏モセキモノはその範囲を軽く超えとる。
裏とは言っても、ちとやり過ぎじゃなかろうか。



青年2人の気合いを買うべきか、
モセキモノとしてのバランスを保つべきか。
俺はもしかしていつの間にか佐幕派になってしもうたのか?
日和ったのか?あの2人の勢いに飲み込まれたのか?



公開されるかどうかは分からんが、
もし公開されたらセンセーショナルな番組になることは間違いない。
公開されれば恐らくマンデーのJINKIは岡田以蔵となり木曜日への刺客となるやろう。
賛否両論出るのは間違いないだろう。



それこそモセキモノの求めるものではあるが・・・・
あとは、みーやに託そう。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


山の麓に居た俺の元 遠く訪ねて来た尊王攘夷の二人の男

『ワシ等 泣く子も黙る萩から倒幕しにやって来たんです この命使って下さい。』

萩と言えば長州藩 ど真ん中もど真ん中。

『ラジオはとうぶん する気ないでごわす。』 薩摩弁で答えると

『音も聴かんネタも見んで断るんですか?』 やけにアツい

『じゃあsatorizmに言ってみるわ』 と言うと

『あの人は開国派じゃろう ワシ等は倒幕派じゃ
あん人に言ってもワシ等のやっとる事は理解出来ん!』 牙むき出し

目が半分飛び出すくらいの気迫と唾がぶち飛んでくる熱弁に押され

「わかった せっかくだから見して』 と20分くらいのネタを披露してもらった。

『どうです?ワシ等 情熱と志だけはモセキモノの連中には負けてないっすよ。』

マジなんだけど方向性が半端ない!!

こりゃたまらん!!見るに見れん!聞くに聞けん(危険)!!とはこの事。

『木曜日の後ろで流してもらいますよ。』 やけに自信満々

『いや でもラジオはまだやる予定がないから他の曜日に言った方が・・・・』

丁重よく断ろうとしたら

「手ぶらじゃ 萩には帰れん!桂さんや高杉さんに会わす顔がない!!
断るならワシらここで腹を切ります!!!』 マジの大マジ

長州の大先輩の名前も飛び出す始末。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長い沈黙の後

ok back musicは全て任せた 欲しいのは情熱だ モセキの為さ

まるで幕府が倒れ薩摩に引っ込んだ西郷どんを士族が引っぱり出す情熱。

『木曜日の神輿になってください ワシ等が担ぐけぇ』 担がんでも勝手にやるけど

と 土産に萩の名産 夏みかんをもらった。

俺も『この夏みかん まっこち旨かぁぁぁ』 と上機嫌。

そして昨日 緊急収録を録ったのだが・・・・・

はなしの内容は巨人V3とキングオブコント2009

のはずが・・・完全に脱藩浪人の二人に食われた形となり ヒドい感じに・・・・

よって今日の放送は見送りのかたち(怒らないでください短髪の青年と
髪の長い青年)

アレは完全にBOM!!! 会議に持ち越し。

でも流そうと思う 何の問題も迷惑もない。

ということで 来週は7ヶ月ぶりに音声でお送りしたいと思います。

みや

|

« モセキモノwednesday“Z–のり”#04「地震、雷、火事、NAKA-Z」 | トップページ | ぬぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉッッッ!!!!! »

木曜日のモセキモノ」カテゴリの記事

コメント

すげぇ!レズビアンを聴いてって…
来週が楽しみでこわす!

投稿: なりえ | 2009年9月24日 (木) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173987/31501447

この記事へのトラックバック一覧です: 尊王攘夷の二人の男:

« モセキモノwednesday“Z–のり”#04「地震、雷、火事、NAKA-Z」 | トップページ | ぬぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉッッッ!!!!! »